ICO設立方法– パート4:トークンセール(KYC、利用規約とマーケティング)

token sale kyc terms and conditions marketing

ICO設立方法– パート4:トークンセール(KYC、利用規約とマーケティング)

Flag Theory Weekly Letter – Friday, June 8th, 2018

ここ数週間、私たちはICOの設定方法、基本的な側面、企業体制の見直しを行ってきました。次に、トークン発行を行うために確立された手法をより詳細に検討しました。

今日は、トークンセールそのものと、トークンのマーケティングと販売の法的な観点から考慮しなければならない側面について説明します。

トークンセールKYC / AMLCTF

(通貨やセキュリティトークンとは対照的に)ユーティリティ・トークンを厳密に発行しているICOは一般に規制されていない領域に入っていますが、適切なコンプライアンスチェックを実施してトークンセールを特定し、スクリーニングすることをお勧めします。

これには多くの理由があります.1つは、公共トークンの販売が禁止されている国(例:PRC、執筆時点)の個人を選別することです。広く言えば、KYCはトークンセールの不可欠な部分です。

KYCを実施するもう一つの理由は、認可された個人および企業を特定し、スクリーニングすることです。株主/メンバーと最終的な受益者(UBO)だけでなく、株主を特定する仕組みを確立することが不可欠です。

さもなければ、あなたはマネー・ローンダリング、テロリスト・ファイナンス、さらに共犯者とみなされます。個人または企業からの支払いを受け入れることによって、あなたはその人物の名前と個人/会社の詳細を確認し、認可された人でないことを確認するための適切なチェックを行う責任があります。

あなたが経済的または商業的制裁のリスト(OFACUNInterpolEEASなど)に載っている既知のテロリストまたはメンバーにトークンを配布する場合、あなたは知らずに犯罪を犯すことがあり、罰則は厳しくなります。

法令遵守の要件は管轄区によって異なることに注意してください。デュー・ディリジェンス・ドキュメントを他の地域よりも収集する必要がある管轄区域があります。この要件は、取引金額によっても異なる場合があります。

通常、個人相手には身分証明書(パスポートやIDカードとその所有権の証明のコピー)とそれを持った自撮りやライブビデオを活用してアイデンティティを証明することによって、それらを識別する必要があります。その後に適切な技術を使用し書類の真実性を検証します。この段階で改ざんや詐欺の更なるチェックを行うこともできます。

法人については、設立証明書、覚書、定款、取締役会の登記書などの設立書類と、株主、取締役およびUBOのそれぞれの身元と住所の証明が必要な場合があります。

譲渡された金額が一定の最低限度額を超える場合は、有資格の公証人、弁護士、会計士または領事館によって証明されるべきコピーの住所証明を取得する必要があります。それらのドキュメントのハードコピーを収集して保存する必要もある場合があります。

その後、適切なAMLチェックを実行して、トークンセールがマネーロンダリングに使用されていないことと、認可された人物と商業関係がないことを確認する必要があります。ほとんどのKYC法では、KYCはリスクスコアリングに基づいた顧客デューデリジェンスの異なる層で、リスクベースのアプローチから実施されることを義務づけています。政治的被害者(PEP)である者は、一般的に、腐敗や贈収賄などの事態を防ぐために、強化されたデューデリジェンス(EDD)を強化すべきです。

現在では、ユーザーとコンプライアンス担当者の両方にとって、ドキュメントを収集し、顧客を簡単かつ苦労なく識別し、スクリーニングするのに役立つさまざまなプログラムがあります。

フラッグセオリーでは、パートナーのKYC-Chainを通じて、最高のコンプライアンス基準を満たすために必要なツールを提供しています。

前回の記事で議論したように、ICOの銀行口座を開設する場合、銀行が最も気にするものは資金源です。つまり、KYCを行う必要があるだけでなく、お客様の顧客(お客様のICO参加者)の資金源が審査されたことを知る必要があります。

最終的なポイントとして、KYCを実行しない場合、潜在的な法的問題に加えて、銀行口座を開設することは不可能になる可能性があります。これは、資金源を銀行に正しく明示したり、証明することができないためです。この時点で、参加者にKYCを実行することは選択肢ではないことは明らかです。必須です。

トークンセールの利用規約

販売条件は、トークン販売の最も重要な文書です。

発行者と一般市民、トークン購入者との間の法的通信です。それはあなたとの商業的関係を管理する文書です。

詳細については説明しませんが、TCは、販売している製品(トークン)の性質、価格、支払い方法、生成される方法、回数、条件、使用されるトークンにとって。

それは販売の期間とそれに参加できる人物を決定しなければならない。証券法などの特定の規制の下でトークンが倒れる可能性がある国の住民を除外したい場合があります。

あなたのTCは、紛争解決の裁判管轄を宣言し、リスク、保証、責任、およびその他の基本的な法的問題を公開する必要があります。

明確なTCを設定することは非常に重要であり、ICOでの経験を持つ弁護士によって書かれなければなりません。

ICOマーケティングとコミュニケーション

あらゆる種類の製品を販売している場合は、利用規約(T&C)が重要です。(T&C)ではトークンを購入するリスクがあること、またはトークンが金融商品ではなく、アプリケーション内でのみユーティリティを持つことを示すことが重要です。

しかし、コミュニケーションとマーケティングがこれらの(T&C)に沿ったものを広報することが重要です。そうでなければ、(T&C)は議論の余地ができます。

あなたが潜在的な購入者への報酬を約束している場合や、流通市場におけるトークンのリストを宣伝する場合は、規制当局に警告することがあります。

あなたのトークンをユーティリティ・トークン(消費者製品で金融商品ではない)と考えることは重要であるだけでなく、それを売る方法も非常に重要です。

消費者製品は、投資収益率や保証された(または保証されていない)利益を提供しないので、そのようなものとして販売するべきではありません。

一般的に、あなたのトークン販売のマーケティングとコミュニケーションについての良いアプローチは次のとおりです:

このイベントはICOと広報するとIPO、株式公開、資本調達、株式または有価証券の売却と容易に関連されて警告されることがあります。代わりに、トークンセールまたはトークン生成イベントまたはトークン配布イベントと呼ぶべきです。

投資や投資家について話したり、購入者や参加者と呼んだりするのは遠慮しください。将来のリターンについて話をしたり、トークンのパフォーマンスについて将来の陳述をしたりしないことも進めます。

また、トークンが取引所へ上場することや上場するために営業活動を行なっていることも遠慮すべきです。これは流通市場に流通する金融商品を販売しているわけではないであるからです。トークンが取引所に上々することが決まった場合はそれは自身が決定したことであるとします。

要約すると、コミュニケーションとマーケティングはあなたが販売しているものと一致する必要があります:ユーティリティトークン。

ICOを立ち上げる予定の場合は、ご支援いたします。プロジェクトを成功に導く専門家チームを集め、ホワイトペーパーの草案作成から法人組織への移行、法律、税務、コンプライアンス、銀行問題のすべてを手助けしながらトークンの変換に至るまで、企業と役員の両方に配置することができます。

ICOを構築する方法の次の章では、ポストICOと、収集された収益の管理方法について説明します。