ICO設立方法:パート6継続的なビジネス、銀行口座および結論

set up ico banking ongoing business

ICO設立方法:パート6継続的なビジネス、銀行口座および結論

ICOを構築する方法の全過程を5つの記事で掲載させていただき、本日の最終章ではICO後の継続的なオペレーションの構築方法、銀行口座の開設、ICOの構築時に考慮する必要があることを記載いたします。

前章を見逃した場合は、以下のリンクで確認することができます。

ポストICOの企業オペレーション

前章では、特定の法的特徴により、財団は、トークンセールで得られた資金を管理し、税務目的で最適化するとともに、そこから派生した責任を限定する強力なツールとなるとコメントしました。

しかし、財団は、主に商業取引を行うように設計されていないため、通常、日常業務を行う上で理想的な組織ではありません。

あなたのビジネスには、従業員、オフィス、市場、顧客、サプライヤーなどの物理的な場所など、収益管理構造に沿っていない特定のニーズがあるかもしれません。

複数の事業会社を統合してプロジェクトを開発し、日々のビジネスを実行するには、柔軟性と一連の利点があります。

まず、資金の発行と管理の両方に起因する責任を分けます。

また、税務上の義務をさらに最適化することもできます。例えば、あなたが業務を行うのに都合がよい国では、税負担が大きいが、トークンセールの収入を管理するのは理想的な管轄ではないかもしれません。

また、あなたの居住地によっては、あなたがUBOである場合、トークンの売却代金は、CFC(規制された外国企業)による個人所得税申告と法人税居住規則に起因する可能性があります。

車両を分離して適切に構造化することで、このような状況を法的に最適化することができます。前章を覚え出してください。

複数のエンティティを持つことで、柔軟性が増します。例えば、従業員や請負業者への決済をサポートするために、さまざまな国で異なるOPCOが必要な場合があります。

あなたは、特定の管轄区域で行う特定の事業活動について規制されることを求めることさえできます。

最後に、営業会社を持つことにより、あらゆる種類の企業向けバンキングサービスに簡単にアクセスできるようになります。運営会社が暗号化通貨を直接処理しない場合は、より良い銀行にアクセスすることができます。

トップレベルの銀行は、関連するリスクのためにICOや暗号プロジェクトと協力したいとは考えておらず、一部のICO対応銀行のコーポレートバンキングサービスは制限される可能性があります。別の操作エンティティを使用すると、この問題が解決される可能性があります。間もなくICOバンキングの詳細。

手短に言えば、収益管理車両と継続中の運営会社を適切に構成し、それらの間の適切な法律上および業務上の合意により、リスクを最小限に抑え、責任を制限し、税金を最適化し、ICO後の手間のかからないスムーズな事業運営を保証することができます。

そうでないと、ETHに何百万ドルもの手数料がかかりますが、適切にアドバイスされ構造化されていない多くのICOにとって、あなたのビジネスを実行してプロジェクトを開発することはできません。

ICOの銀行口座

我々はICOや暗号通貨・仮想通貨を扱う企業が銀行取引の獲得の困難について何度か記事を掲載しました。

あなたは銀行口座が必要です。 暗号通貨で全面的に取引することは現在難しく困難です。

財務諸表を必要とする費用があります。そのため、財務上の不確実性やリスクが相当に高くなる固有の暗号通貨のボラティリティーを考慮する必要があります。

銀行セクターは規制不確実性、特にKYC、資金源の証明、マネーロンダリングの可能性に関連して、オンボードの暗号クライアントに依然として消極的です。

幸運なことに、暗号通貨企業と協力して営業する多数の銀行が存在するため、ICOの銀行口座を取得することは可能です。

フラッグ・セオリーでは、いくつかのICOフレンドリーな銀行パートナーがおり、数10社のICOに銀行業務を手助けしてきました。しかし、そうするためには、強固なKYC / AMLCTFプロセスが必要です。

銀行は、あなたが適切なポリシーを持っており、このポリシーの遵守を維持していることを確認したいと考えます。彼らはあなたの顧客を特定するための適切な手続きを設定し、資金が許可された個人や団体から来ていないこと、マネーロンダリングに使用されていることを確認します。

これまでの章では、トークンの販売で実装する必要があるKYC / AMLプロセスとCTFプロセスについて詳しく説明しました。

そうすることで、銀行業務を受けることができるだけでなく、認可された人から資金を受け入れた場合に発生する可能性のある重大な法的問題、罰金、刑務所の時間も回避されます。

しかし、あなたの資金管理会社を銀行口座に持っていれば、あなたの資金を紙幣に課金することができないかもしれません。

実際に事業を展開している国、おそらく優良銀行での講座開設する必要があります。開設するには多国際企業を使用することです。

結論

この3週間の間、私たちは法的な観点からICOを構築する方法の全過程を見直してきました。

最終的なヒント:

トークンセールが透明で合理的かつ達成可能なプロジェクトであること、または問題を抱えている可能性があり、詐欺行為を行っている可能性があることを確認してください。

あなたがユーティリティー・トークンを販売していると主張している場合は、それが本当にユーティリティー・トークンであり、セキュリティーではないことを確認してください(あなたが売っている国の規制当局の視点で)

マーケティング戦略を賢明に設計し、実行してください。

とりわけ、返品、配当、またはあらゆる利益または議決権をもたらすトークンを販売する場合は、金融商品を販売している可能性があるため、関連する管轄区域でセキュリティとして登録する必要があります。

企業構造を重視し、各オプションの賛否両論を分析し、トークンセールを実行する前に一貫した戦略を計画してください。

法的にリスクを最小限に抑えることができ、問題なくプロジェクトを開発できるようにする企業構造を設計します。

いくつかの企業サービスプロバイダが「理想的な」ICOエンティティを販売しているので、私たちは実際の残虐行為を見ていることに注意してください。これはまったく役に立たず、非常にお勧めできません。これらは、あなたのビジネスを正常に実行することが不可能になる可能性があり、あなたは法律上および税務上の問題に終わる可能性があります。

ICO、ブロックチェーン、暗号スペースを経験し、理解し、以前にそのプロセスを完了した法律および税務専門家に十分助言を受けてください。

ICOを構成する際の間違った決定は、あなたのプロジェクトとあなたにとって個人的に悲惨な結果を招く可能性があります。あなたのICOの構造は、長期的にはかなりの影響を与えます。

偶然に何も残しておらず、利用規約のあらゆる不測の事態を定義しないでください。これは、ICO参加者との関係を管理する文書です。また、あなたの通信があなたの送電線に合っていることを確認してください。

適切なKYC / AMLCTFプロセスを実行します。これは基本的なものであり、オプションではありません。

そして、何よりも、ホワイトペーパーから継続中のコミュニケーションに関する契約条件にトークン販売に関わるすべてのことについて絶対に助言できる強力な有資格の法務チームからあなたを囲みます。

トークンの販売は現在、規制されていないイベントですが、トークンに応じて、異なる既存の法律に該当する可能性があります。適切な法律上のアドバイスがあれば、それを破らないようにすることができます。

これらの記事は説明のためのものであり、特定の状況に特有のアドバイスではありません。それは法的または税務上の助言を主張するものではありません。あなたが働いている管轄区域の特別な資格を持つ顧問に常に相談するべきです。

あなたが章を見逃した場合、またはそれをもう一度読みたい場合:

パート1基本

パート2企業体制

パート3ICO発行者

パート4トークンセール(KYC / AML、利用規約とマーケティング)

パート5収入(税金と構造)

あなたのICO記事シリーズの構築方法を楽しんでいただければ幸いです。 ICOを立ち上げる予定の場合は、お手伝いします。私たちは暗号化の専門家であり、数十ものプロジェクトを構築しているだけでなく、役員は独自の成功したトークンセールを開始しました。

成功したトークン発行を開始するための適切なツールがあることを確認するために、私たちは経験と知識を共有しています。

フラッグ・セオリー週間メール配信登録は以下をクリック

週刊レターを購読する

注意:この記事の内容は、法的意見または税務上の助言とみなされるものではなく、そのようなものとして信頼されるべきではありません。ファー・ホライゾン・キャピタル・インクは、法律顧問または税務顧問としての地位を保持していません。この記事の問題に関する法的意見または税務アドバイスをご希望の場合は、当社のオフィスに連絡し、適切な法律実務家にお問い合わせください。当社のウェブサイトFlagTheory.comの使用は当社の利用規約に従います。

cryptocurrency exchange gibraltar